宗教画テーマの分類

この絵には何が書かれている?

賞金: 100,000 参加ユーザー数: 223 13日前に終了

Private 1st Solution

参加者の皆様お疲れ様でした。 運営の方々、本コンペを開催して下さり、誠にありがとうございました。

解法すべてを1つのnotebookに納めるのが難しいので、以下のgithubにコード一式と主要な出力ファイルを格納しました。 https://github.com/riron1206/probspace_religious_art_1st_solution

実験ごとにnotebookを作成したため、非常に確認しづらい構成になっていますが、もしよろしければレビューをお願い致します。

解法の概要

以下の流れでpseudo_labelと加重平均アンサンブルを行いました。 png

モデル

timm( https://github.com/rwightman/pytorch-image-models )の SwinTransformer( https://arxiv.org/abs/2103.14030 )とEfficientNetV2( https://arxiv.org/abs/2104.00298 )のImagenet学習済みモデルを使用。

  • pseudo_label作成で使用したモデル
    • swin_base_patch4_window12_384_in22k (SwinTransformer)
    • tf_efficientnetv2_l_in21ft1k (EfficientNetV2)
  • 加重平均アンサンブルで使用したモデル
    • swin_base_patch4_window12_384_in22k (SwinTransformer)
    • tf_efficientnetv2_l_in21ft1k (EfficientNetV2)
    • swin_base_patch4_window7_224_in22k (SwinTransformer)
  • パラメータ
    • batch_size: 8や16(モデルによって変えた)
    • epoch: 35や50(モデルによって変えた)
    • optimizer: radam+lookahead
    • lr: 1e-3~1e-06
    • scheduler: CosineAnnealingLR(T_max=epoch)

Validation

StratifiedKFold(n_splits=5)

Augmentation

cutmixと以下のalbumentations( https://github.com/albumentations-team/albumentations )の組み合わせ。

import albumentations as A
from albumentations.pytorch import ToTensorV2

if data == "train":
    return A.Compose(
        [
            A.Resize(CFG.size, CFG.size),
            A.HorizontalFlip(p=0.5),
            A.ShiftScaleRotate(p=0.5),
            A.Normalize(mean=[0.485, 0.456, 0.406], std=[0.229, 0.224, 0.225], max_pixel_value=255.0, p=1.0,),
            A.OneOf([
                A.ToSepia(p=0.5),
                A.ToGray(p=0.5),
            ], p=0.5),
            A.CoarseDropout(p=0.5),
            A.Cutout(p=0.5),
            ToTensorV2(),
        ]
    )

TTA

HorizontalFlipのみ。

pseudo_label

  • データが少ないので、ラベルノイズが1件でもあるとLB大幅に悪化すると考え、できるだけ正しい疑似ラベルを作るようにしました。
  • trainデータで3seed分学習した swin_base_patch4_window12_384_in22k と tf_efficientnetv2_l_in21ft1k のOut Of Fold(oof)はlabel=0,6,7,8,9,11の予測についてはaccuracy=1になったので、label=0,6,7,8,9,11と予測したtestデータ131件だけをpseudo_labelに採用しました。

Ensemble

  • pseudo_labelもtrainデータに入れて3seed分学習した swin_base_patch4_window12_384_in22k, tf_efficientnetv2_l_in21ft1k, swin_base_patch4_window7_224_in22k のoofから、加重平均アンサンブルする重みを最適化しました。
  • 重みはアンサンブルする提出ファイルのlabel単位で計算したので、アンサンブルする提出ファイル数(=9)×label数(=13)の行列になっています。 イメージしにくいと思うので、気になる方はコードを確認してみてください。

Favicon
new user
コメントするには 新規登録 もしくは ログイン が必要です。